aws運用代行サービスを利用するメリットとデメリット、そして業者を選ぶ時のポイント

awsとはアマゾンウェブサービスの略称で、アマゾンが提供しているクラウドコンピューティングサービスの事です。通常このサービスを利用する場合、awsに精通したスタッフが必要ですが、運用代行サービスを利用すれば初心者でも安心して利用する事が出来ます。

ではこのaws運用代行サービスを利用するメリットとデメリットは何か、また業者を選ぶ時のポイントは何か、それぞれいくつかあるので詳しく見ていきましょう。

aws運用の効率化の可能性と取り組みたいポイント

メリット①自社にawsのエキスパートを置く必要がない

通常awsを利用する場合、当たり前ですがawsについて詳しい人がいなければサービスを最大限に利用する事は出来ません。awsには200を超えるサービスがあり、これらを最大限利用するには当然幅広い知識や経験が必要となります。

その場合、会社内で人材を育成しなければならず、自ずとコストもかかってしまいます。しかし運用代行サービスを利用すれば、自社にawsのエキスパートを置く必要もなくなります。結果、自社内のawsの学習コストを下げる事が出来るというのは大きなメリットです。

メリット②代行を依頼すれば、基本的に業者任せで運用する事が出来る

aws運用代行サービスを利用すれば、運用していく上で必要最低限の体制を迅速に整える事が出来ます。何故ならaws運用代行サービスを提供している業者は、トータルサービスを行っている所が多いからです。1度契約してしまえば、後は基本的に業者任せでサービスを運用する事が出来るのでストレスもありません。

つまり初めにどういう運用をするのかや、監視体制はどうするかといった打ち合わせを行うだけで、あとは定期的に報告を受けるだけで、awsを利用する事が出来るという事なので非常にメリットが大きいです。もちろん運用代行業者はトータルサービスだけでなく、ユーザーのニーズに合ったサービスも提供しています。

その為自社に合ったサービスを利用すると良いです。

デメリット①運用が問題なく行えるかは代行業者の力量に左右される

aws運用代行サービスを利用した場合、サービスの運用が問題なく行えるかは代行業者にかかっていると言っても過言ではありません。

例えば代行業者の営業時間が24時間365日であれば常に問題がないか監視されるので安心ですが、そうでない場合トラブルが発生した時に適切に対処する事が出来ず大損害を受けてしまうという可能性も否定出来ません。

代行業者を選ぶ時は、どういう管理体制で運用しているのかをきちんと確認しておく必要があります。

特に24時間365日営業というのは重要ですし、年末年始や祝日はどうなっているのかという事も調べておくと良いです。また代行業者にきちんとした技術力があるかというのも重要です。

例えば何かトラブルが起きた時に、修復の依頼をしても技術力がない為、希望通りに行ってもらえなかったりする事もあります。したがって、どれ位の技術力を持っているのかという事も契約前にしっかりとチェックしておきましょう。

デメリット②社内の人材が育ちにくくなってしまう

aws運用代行サービスを利用すれば、面倒くさい事は全て代わりにやってくれる為たしかに便利です。しかしその反面、社内の人材に成長の機会が与えられず、育ちにくくなってしまうというデメリットもあります。たしかに運用代行業者に依頼すれば、監視から障害対応、そして運用全般を全て任せる事が出来ます。

しかしそれだと他人に任せっきりになってしまい、有望なエンジニアは育ちません。awsを利用しながらも自社の人材も育てたいのであれば、aws運用代行業者のトータルサービスを受けるのも良いですが、自分達で出来そうな事は自分達でやるというようにすると良いです。

デメリット③情報が外部に漏洩するリスクがある

自社のエンジニアだけでawsを利用する事が出来れば、当然情報が外部に漏れるという可能性はかなり少なくなります。しかしaws運用代行サービスを利用する場合、システム要件や自社内のオペレーション情報を外部の業者に開示する必要があります。

もちろん代行サービス業者もセキュリティに関してはしっかりしていて、情報も暗号化しているので直接閲覧する事が出来ないという所がほとんどですが、技術力の高い業者で情報をとろうとすれば取れてしまいます。あくまで外注している訳ですから外部へ情報が漏洩してしまう可能性は高くなるという事は知っておくと良いです。

aws ecsとは?その概要や運用について

aws運用代行サービス業者を選ぶ時のポイント①優秀なエンジニアがいるか

aws運用代行サービス業者を選ぶ時に重要なのが、どれ位技術力が高いかという事です。どれ位優秀なエンジニアが揃っているのかは必ずチェックしておく必要があります。何故ならせっかく運用代行を依頼しても、いざ何か障害等のトラブルが起こった時に復旧出来なかったでは話にならないからです。

価格も重要ですが、とにかくどれ位の技術力があり、優秀なエンジニアがいるのかという事は調べておきましょう。

aws運用代行サービス業者を選ぶ時のポイント②知識や経験そして実績が豊富か

awsの知識や経験そして実績が豊富かどうかというのも選ぶ条件の1つです。いくら優秀なエンジニアがいてもawsについて知識や経験がなければ何の意味もありません。そこで実際にawsの実績が豊富で、過去に運用や障害対応の経験もあり、きちんとノウハウが蓄積されている業者を選ぶという事が重要です。

こうした情報は大体代行サービス業者のホームページを見れば掲載されているので、しっかりとチェックしておきましょう。また口コミではありませんが、導入企業の声等も掲載されていたら、そこも見ておくと良いです。何故数あるaws運用代行サービス業者の中からその会社を選んだのかや、どれ位評価されているのかが分かります。

合わせて自社と業態が同じだったり似ている会社の導入事例があれば、それも見ておく事でトラブルが起きた時にどう解決したのかを知る事も出来ます。

aws運用のためのノウハウと自社運用が難しい場合の代替案

aws運用代行サービス業者を選ぶ時のポイント③コスト削減や最適化が可能か

コストの削減や最適化が実現出来るかという事も業者を選ぶ時の大切なポイントの1つです。せっかくコスト削減を期待してawsの導入を決めたのに、代行サービス業者に依頼したら思ったよりコスト削減が進まなかったというケースも珍しくありません。

その為、契約する前にトータルサービスにするのか、それとも一部だけ任せるのか等どういう形にすればコスト削減に繋がるのかという事を考えてから契約すると良いです。aws運用代行サービス業者の中には、こうするとコスト削減に繋がるという事をアドバイスしてくれる所もあるので、そういう所と契約するようにしましょう。

aws運用代行サービスを利用する時はメリットとデメリットを見極め、信頼出来る業者と契約する事が重要

awsはたしかに便利なサービスですが、使いこなせる人材を自社内で育成するには時間もコストもかかります。その為、aws運用代行サービスを利用するという方法はたしかに有効ですが、メリットの反面デメリットもあるので、aws運用代行サービス業者を選ぶ時は、優秀なエンジニアがいるのかや、awsに関する知識や経験、実績が豊富か、契約する事でコスト削減は可能なのかを考えながら、信頼出来る業者を見つけて契約する事が必要です。